押さえておくべき内容満載!消費者金融の基本的な情報なら「消費者金融BASIC」

> 消費者金融を利用する場合の注意点

消費者金融を利用する場合の注意点

消費者金融を利用する場合は注意しなければいけない点があります。

お金が足りない状況で利用することになるので、
きちんと確認せずに契約する方がいます。
大変危険なので、絶対にやめましょう。

お金がたりないのですぐに用意したいのは、すごくわかるのですが、
お金を借りている!借金をしているわけなので、
そこはしっかりとする必要があります。

細かく確認する必要がある

・返済する目途は?
・月々の返済日は?
・月々の返済額は?
・返済期間はどれくらい?

まだまだ細かく見ていく必要がありますが。

例えば、年率18%で50万円借入したして、
借入した金融機関のミニマムペイメント(最小支払額)で 支払っていった場合、
月々12000円の返済、返済回数は66回で総額約78万円となります。

ですが、もし月々20000円くらいは支払える場合は、
返済回数32回で総返済額は約63万円くらいになります。

何が言いたいかというと、あまり何も考えずに契約したりすると、
上記のように、月々の返済を契約の設定よりも多く支払えるのに、
少なく設定していまい、結果的に返済が長期化し、
総返済額も増えてしまうという結果になるんです。

ミニマムペイメントの返済は返済がきつい時はとてもありがたいのですが、
そのまま返済していくと長期化してしまいます。
要は、元金の減り方が緩やかになるので長期化するという事なんです。

どうしたらいい?

契約時にきちんと調べておくことが大事なのと、返済に関しては、
なるべく繰り上げ返済をして、元金を減らしていくことが大事です。
例でも示した通り、返済回数が半分になったり、
総返済額が15万円も少なかったりします。
元金を減らしていくことが重要です。
元金が減っていけば、利息も少なくなります。
最終的にいつまでに返済を終えるかなどの返済計画が重要ですね