押さえておくべき内容満載!消費者金融の基本的な情報なら「消費者金融BASIC」

>
> さまざまな無担保 小額融資

さまざまな無担保 小額融資

無担保の少額融資はいくつか種類がありますが、
大きく分けて銀行のカードローン、信販会社のキャッシング機能つきクレジットカード、
消費者金融のキャッシングの三つがあります。

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは金利が高いというデメリットがありますが、
審査が通りやすく、融資スピードが速いため日本国民の
10人に一人が利用しているという統計が出ています。

急な出費によって、即日での融資が必要な場合や、
銀行のカードローンやクレジットカードでは審査に通らなかった場合など、
手軽に利用できるという点では、最も優れている借入先といっても過言ではありません。

残りのカードローンとクレジットカードですが、この二つは似ているようで大きな違いがあります。

銀行のカードローン

まず、銀行のカードローンは金利が低い反面、審査が厳しいのが特徴的です。
審査は比較的時間がかかりますが、振込みのスピード自体は速いため、
一度申込みをしてしまえばキャッシュカードのように使うことができます。
審査が厳しいといっても安定した収入があれば問題はありませんアルバイトの方も消費者金融から 借入をしようとしているかもしれませんが銀行カードローンも基本的な基準は変わりませんので
こちらのほうがいいと思う場合はこちらに申込をしたほうが得策ではないでしょうか。
返済方法は、カードローンを申し込んだ銀行の口座からの引き落としが主流になっています。

カードローンの返済方式は支払額を決めておくリボルビング方式もあれば、
返済回数を決めておく元利金等や元金均等法式もあります。

借りたり返したりではなく、一時的に低金利で借り入れをしたい
という人にはカードローンが安心ですし、便利でしょう。

クレジットカードのキャッシング

一方、クレジットカードの場合、カードにキャッシング機能をつける必要があります。
これにより、手持ちのクレジットカードで現金を引き出すこともできますし、
ショッピングもできるようになります。

ただし、利用限度額はキャッシングとショッピング、共通になっているため、
どちらかで使いすぎるともう片方の利用ができなくなります。
審査や金利は銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングの中間あたり
位置していることが多いです。

従って、銀行のカードローンでは引っかかったが、
できるだけ金利を低く抑えたいという場合には、クレジット会社を利用するほうが良いでしょう。
返済方式は毎月一定額を口座から引き落とすというものですが、
一括返済や適宜返済などにも対応しており、柔軟に返済できます。

それぞれの状況にあった借入先を

このように無担保での小額融資にもいくつかの種類がありますので、
それぞれの状況にあった借入先を選ぶことが必要となってきます。

先人から学べば大きくそれることはない

さまざまな種類があり一見するとそこまで差がないように感じる無担保の小額融資。
であれからこそ適当にどこかを選択し蓋を開けてみたら失敗したとかはあるでしょう。

具体的な差は、融資速度(約束している用事や締め切りに間に合わなければ意味がない為)、
借入額(当初は小額を予定していたが多少予定が狂いもう少し多くの額が必要になった等)
を意識すれば大きな問題は回避できるのではないでしょうか。
多くの事例を拝見すると最短審査30分のキャッシングでピンチを脱出という具合に
融資速度を意識して助かったという例が多く感じます。
意識しなくても結果的に間に合った場合は良いですがこのパターンの真逆で
きちんと審査から融資までの時間を考えていなかったという人はかなり多く感じます。