押さえておくべき内容満載!消費者金融の基本的な情報なら「消費者金融BASIC」

>
> 所得証明は絶対必要?

所得証明は絶対必要?

消費者金融で借入を行う際に、
50万円までであれば、所得証明の提出を求められないまま、
本人を確認するための身分証明書だけで
借り入れが可能となる消費者金融業者もあります。
特に他社利用が全くない場合には、そのようなこともあるでしょう。

しかしそういった消費者金融業者でも、他社利用があれば
総量規制の範囲を超えない貸付を行うために、
収入を証明する源泉徴収票や給料明細などの提出を求められます。

また所得を証明する書類の提出を求められないからといって、
所得なしでも借り入れが可能かといえば、そうではありません。
原則として自分自身に一定以上の収入があることが、申し込みの条件となっています。

誤魔化したとしても勤務先などへ在籍確認が入りますので、
所得なしで申し込んでも否決となる可能性は
限りなく高くなります。無理と言ってもいいでしょう。

法律で義務付けられている

ちなみに50万円を超える借り入れの場合には、
所得証明の提出を求めることが、法律で義務付けられています。
また、他社の借入れと合わせて100万円を超える場合にも同様です。

これは義務付けられているので、提出を求めて
現在の収入の状況を確認する必要があるのですが、
上記の金額以下の借り入れであっても、
消費者金融が任意で提出を求める場合もあるわけです。
こういった理由から、業者によって対応が変ってくるということになります。

専業主婦など収入がない場合

ただし専業主婦で無収入という場合には、夫の同意書や
夫の収入を証明する書類を提出することが出来れば、利用することも可能です。
手続きが複雑になったことで専業主婦の利用を断る
消費者金融業者も増えてきましたが、まだ利用可能な会社はあります。

また銀行であればこの総量規制の対象外となっていますので、
専業主婦であっても利用可能な銀行もあります。
消費者金融に比べて低金利ですが、審査が慎重で、融資実行までに時間がかかります。
すぐにお金が欲しいという場合には、不向きです。余裕を持って利用を検討しましょう。

すべての銀行のカードローンが専業主婦の申し込みを受け入れているわけではなく、
申し込み対象外としているものもありますので、申し込みの際には確認しておきましょう。